縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


ヤクザルは「カッパえびせん」がお好き!?

11月29日付日本経済新聞に、言語のルーツはサルの鳴き声・京大霊長類研が“証拠”発見という記事を見つけました。

屋久島にニホンザルがいます。
屋久島にいるので、「約二本ざる」・・・いや、「ヤクニホンザル」と呼ばれています。
そやつらは、ある日突然、「犬山」という彼らにとって得体の知れないところに「拉致」されていったのです。
そこで、自分らに似ているが、なにやら不穏な群れと遭遇するわけです。

「何や、ワレ~」(なぜか河内のサルが混じっている模様)
「ニたちこそ、なンね?」(訳注:おまえらこそ、なんだ?)

・・・というやり取りがあったのかなかったのか、それはご想像にお任せするとして、鳴き声が違ったらしい。
記事によると、ヘルツ、声の高さが違うらしい。

まさか、東北からの修学旅行で、京都に行ってたかだか、2,3日のことで、
「あたし、関西弁うつっちゃったやん~」
と似非関西弁をしゃべる人間様とはわけが違うのだろうけど、

新聞記事によると、
生後、何ヶ月までかは、変らないのだそう。
それから、成長の過程で、変っていくのだって。環境に合わせて成長するのかな?

人間様の言語のルーツらしいです。

ところで、ヤクニホンザルは、略して「ヤクザル」と呼ばれています。
現地では、「お山の大将」と普通に呼んでいます。「さる」とは言わないんですね。
「厄」が「去る」とかけて、屋久杉で作ったサルのキーホルダーが売れに売れているとか聞きましたが、定かではありません。
ちなみに、私も一個、持っています。
屋久杉の香りは、とんじゃってますが。

昔、まだ、屋久杉がそれほど有名でもなく、世界遺産など、噂にもならなかったころ、隣の種子島との観光客争奪戦で、
「サルが間近に見れる!」
とのうたい文句で、餌付けをしたことがあります。
そのときの餌が、なぜか、

かっぱえびせん。

程よい塩味と、えびの香ばしさがよかったんでしょうか。
実験したことがあります。

クッキーとかっぱえびせん。お猿さんはどっち!?

奪われたのは、えびせんでした。

最初は品行方正なお猿さんたちでしたが、そのうち図に乗るようになり、車のボンネットに飛び乗り、屋根から手を伸ばし、挙句の果てに車に入り込むようになって、えびせん撒きは終わりました。
そのころには、里に下りてきて猿害もあったそう。

とりあえず、人間様と野生の動物とではきちんとすみわけはしておいた方が、いつの時代もいいようです。
スポンサーサイト
日記

0 TrackBacks
0 Comments

ある日の会話

ってやってる場合じゃないのだが・・・。

ニコニコとオカンがやってきまして、こういいました。

母>「イチゴウ」がやってきたよw
姉妹>(イチゴ!?)×2
母>贈り物の「イチゴウ」よw
さっちゃん>ああ、イチゴウねw
ひわ>おお!イチゴ!(←わかってない)

   お歳暮に「イチゴ」だなんて、贅沢ね~・・・ほぉ~。

さっちゃん>「イチゴ」違う。「一号」よw(←よくわかってないことを、よくわかってます。さすが、生まれたときからの付き合いww)
ひわ>え!「イチゴ」か!!
さっちゃん>そうそう。「イチゴウ」ww

   清酒か?お米か?・・・でも、「一合」って、半端って言うよりも、ケチなのか??

   (↑まだ、わかってないのです(笑))

オカン>さつま揚げだった。すり身屋の娘に、さつま揚げなんて送ってくるか~?
ひわ>さつま揚げだったの!?
さっちゃん>そうだ!
ひわ>すり身屋だったから、さつま揚げが好きって思われたんじゃない?
さっちゃん>でもさ、普通、農家に米なんて送らないよね。
ひわ>は!!! ・・・ナイスでグッドな例えにゃ。

こういうのを、言いえて妙っていうのよね。ウムウム

   ・・・ってか、イチゴって、お歳暮、第「一号」だったのね。
   ↑ようやく、理解できた、ひわさんでした(笑)
日記

0 TrackBacks
0 Comments

中華風のHP用フリー素材

わけあって、中華風の素材探しの旅に出ています。

本家「手縫いdeちくちく」を中華にしようと試みているわけではありません。・・・念のため。

それにしても、和風の素材を探すのにも一苦労しましたが、
人情なのでしょうか。
一つのイメージに囚われてしまうというか・・・・・・。

中華=陰陽(インヤン=太極図)、きんとうん、雷紋(ラーメン丼のふちの柄)、青竜、白虎、朱雀、玄武、中国窓、チャイナ服のお姉さん、春節の祝い柄、飲茶。色は朱。紺。黒。金。

・・・・・・そんなんしかないのか!?

ってか、それ以外に何が浮かぶ?ってきかれても、
多分、答えられないけど。

だけど、それじゃないんだ!
欲しいのは、そんな雰囲気ではあるのだけど、それではないのだ!

和柄の方もそうだった。
一辺倒の、小紋柄(主に江戸小紋)や古代柄、桜、梅、松、竹、(・・・は!松竹梅か!?めでたい!)所謂、「和風」が多かったのだ。
多いというより、ほとんど、それだった。
でも、それじゃなかったのだ。
欲しかったのは、さりげなく和柄。なんとなく和柄。

今拝借している素材が、すべて沿うかはわからないけれど、
少なくとも、私の中では、いいセン行ってるのだ。
特にお気に入りは、井桁のアイコンw
あーいうのを思いつけるって、才能だよな。うらやましい。
それなのに、私ったら、画像の加工が出来なくて、人にやってもらっちゃったのだ。
画像ソフトって、どうやって使うんだ?

中華も、そんなのが欲しいのだ。

中国茶器!の、ちょかんこ(急須の注ぎ口)から、ほわほわと湯気を上げてるGIFアニメなんて、どこかに転がってないかしら。
「熱烈歓迎」以外に「閑話休題」とか。
立体的な太極図とか。
中国窓のテーブル素材(透過済み)とか。
探し方、悪いのかな~・・・。引っかかってくれないな~・・・。

・・・そういえば、山水柄ってみなかったな。和風の方に入っちゃってるかな?
雑記

0 TrackBacks
4 Comments

百舌鳥の早贄(もずのはやにえ)

ほおって置いたら、いつの間にか大きくなってしまった花桃の木を、道向こうののり面に移動させました。
植え替えの季節には早いと言われましたが、
窓のすぐそこに、もっさりと生えているので、いい加減、うっとうしかったのです。
いくら、若いとはいえ、大きな木になると重いので、持てる大きさのうちに移動させてしまいました。
うまく根付くといいのですが・・・。

その時に、百舌鳥のはやにえを見ました。
いや、やっているところじゃなくってね。
うまく、冬篭りの準備が出来るといいですね。



以下、多少不愉快な表現、グロイ(グロテスクで気持ち悪い)表現などが含まれますので、心臓の弱い方や、心の細い方はご遠慮願います。
大自然の驚異を感じたい方は、続きをどうぞ。 記事の続き


0 TrackBacks
4 Comments

余計なお世話、再び。

内親王紀宮清子さまが、黒田清子さんになりました。
おめでとうございます。

彼女は、うちの家人と同じ誕生日の同い年なのです。
なので、まことに勝手なことながら、小さなころから、私の心のお姉さんでした。

お姉さんが結婚されるみたいで、うれしいような、寂しいような・・・。

思えば、あの広大な皇居に、これからは、天皇さんと皇后さんが二人きりになるわけです。
・・・。
最後に娘が片付くって、結構、罪作りかも。
宮内庁に女官や侍従はいるのでしょうけど、心の隙間風は、なかなかに冷たいです。

天皇陛下に隠居ってないのかな? 記事の続き
日記

0 TrackBacks
8 Comments

余計なお世話と思いつつ。

皇太子様のご息女、愛子様が、学習院に合格されたそうです。
おめでとうございます。

面接は、なんと、皇居でなされたとか。

・・・。

余計なお世話なんですが、多分、誰もが思ったことだと思うのです。

   それじゃあ、皇居に上がった面接官のほうが、緊張しただろうな・・・。
   どっちが面接受けてるんだかわかりゃしないねw
   ふふふ。

まあ、学習院ほどのところになれば、教官先生もお育ちがよろしいんでしょうねぇ・・・。
皇居ごときで、物怖じするようでは、勤まらんのでしょう。

全国チェーンの私立女子高は、ご挨拶が「ごきげんよう」だったとか?
まさか、学習院のご挨拶も、「ごきげんよう」なの?
日記

0 TrackBacks
2 Comments

Firefoxを導入してみた。

今度は、Firefoxです。あえて訳せば、炎の狐?
本家の管理日記のスキンを変えようと思って、あれこれやっていたら、

「無料だからFirefoxに乗り換えよう!」

という文句を見つけ、ついつい・・・。
サイズもあんまりでかくなかったので、迷わなかったです。

さて。
まず、フォントが違う。
文字のサイズも違う。
読み込み速度も違う。
文字サイズが、大きくと小さくしかなく、大きくを押すと、どんどん大きくなる。笑っちゃうくらい。さらに、タブブラウザにもなる。
一番に本家を表示させてみたのだけど、
いっとう最初に、挨拶のテーブルが、べろ~んと、横伸びで出てきたのには、冷や汗をかきました。
こんな風にみえてたのかい・・・。
じき、管理日記も表示されたので、ほっとしました。
スクロールバーはcss適用されてませんでしたね。
ふむふむ。

ところで、Firefoxがブラウザということに改めて気付きました。
今まで、何だと思ってたんだろうな。
アクセス解析を見ながら、何を思っていたのか、よくわからないけど、そんな奴だ。程度でw

オペラとの違いは、オペラのほうが、見た目がカッコいいw(私の主観です)
オペラはリンクにマウスをのせると、リンク先のアドレスが出てくるけど、ファイアーフォックスは無口だ。IEはaltが指定されている場合は、それが出てくるけど、後は無口だ。
ライブドア・ブログに限って言えば、オペラは、ワンタッチ文字修飾がなくなっていたけど、IE,Firefox共に、使える。



とあるサイトは、IEよりもオペラが見やすかったけど、Firefoxはどうなんだろうな。
今見たら・・・firefoxだめみたい。

思わず笑ったのが、

「IEなんか、ぽいだ! ビバ! Firefox!!」

というニュアンスの宣伝文句。
そうはいうけどさ。
IEがないと、そもそもネットにつながらないわけで。
ネットにつながらなかったら、ダウンロードできるページまでもいけないわけだ。
新品のパソコンには、IEしか入ってないし。

私のように、年に何回も再セットアップを繰り返す輩には、IEはやっぱり必需品なのでした。
雑記

0 TrackBacks
2 Comments

電話勧誘・2

続編。またまた、おかしな電話勧誘でした。
(*注:『』内は具体的なお名前です)

その日、別段機嫌も悪くなく、電話を取ったのです。
「もしもし」←相変わらず名乗りません。
「『ひわ』様でしょうか。私、『大手呉服関連メーカー』の『電話勧誘係』でございます」
(ああ、はいはい。こんどは、自分ところのセールを聞いてきたりしないでしょうね)

中略

「セールにあわせて、絞りの無料体験講習会があるので、やってみませんか?」
「はあ」
「普通、お金かかりますよね。それが、無料なんです!」
「はあ」
「この日と、この日と、この日にありますが、いつがご都合よろしいですか?」
「・・・あ゛?

   ・・・おいおい。誰が行くっつったよ?
   おかしかないかい? 無料、タダなら、なんでもいいと思うなよ。

という心の叫びをしまいこみ、丁重にお断りしたのです。
興味がなくはないのですが、そうねぇ・・・なにかしらねぇ・・・強引なのはねぇ・・・(^^;;

ところが、こういうことは続くもんです。

「こちらは、『とある電話会社』の『鍛えた電話勧誘係』でございます」

・・・明らかに『鍛えた』と思われる、ものすごく流暢なよどみないしゃべりなのだ。
仙台はコールセンターの拠点として企業を招致しようと、今、電話勧誘の講習会が多い。
まさに、そんな感じのしゃべり。

「この度、『電話最大手の会社』よりも基本料金が格段に安くなるキャンペーンを実施中です」
「はあ」
「はい。現在の基本料金は・・・」
「そうですね」
「はい。それが・・・」
「へえ」
「はい。現在、ご契約者は『ひわ父』様で間違いございませんね? お名前を確認させていただいて、切り替えの作業をさせていただくことになります」
「・・・・・・ん゛あ゛!?」

   何!? それは決定事項なの
   そんなこと、勝手に決められっか(怒)ってか、勝手に決めんなや(怒)

なんだかさ。
エウリアンとかきっとこんな調子で、勧誘していくんだろうな。
ぼやぼやしてると、話だけが一人歩きしていたよ。

おうちに引きこもっていたって、生き馬の目を抜く世間様の風は吹き込んでくるのね。
日常が続く限り、電話の勧誘がやむことはないのです。

はうぅぅ~・・・
雑記

0 TrackBacks
0 Comments

馬鹿を言うなー!!<理想の体重

さっちゃんが探し出してきました。こんなサイト。
管理栄養士のダイエット

ふむふむ。なるほど、なるほど。

早速ですが、やってみました。(小数点以下切捨て)
標準体重が62㎏ほど。・・・うん。まあ、こんなもんだよな。
理想体重、58㎏。・・・58!? それって、痩せすぎなんじゃ!?
モデル体重、54kg。・・・馬鹿をいうなー!!それじゃ、小枝のように折れちゃうじゃん!!

生活活動強度が、わが身を省みると最低ラインなので、体重が少し少なめに出ているのやもと思いつつ、
最近の体重事情を垣間見る気がしました。
日記

0 TrackBacks
2 Comments

パソコン。

いつものように新聞を漁っていると、
なんと!デルで高性能・激安のパソコンが!!
あんまりファンがうるさいので、MYパソコンがほしくなったのです。
そこで、腕をまくって、情報収集と相成ったわけです。

オペラを導入したときに、ちらりと見たブックマークに、
「コンピュータ」のフォルダがあったのを思い出し、
とりあえず、オペラで検索の嵐。

すると、こともあろうに、

「IE4.0以上とネスケで見てねw」

なんだとー!!
オペラを差別するのかー!!
パソコンのHPにあるまじきつくりじゃないのかい?
ブラウザを選ぶなんてさ・・・ぶちぶち。

ぶちったってしょうがないので、IE立ち上げ。ついでに、隣で、空気清浄機を横倒しにして、CDドライブをあけ、空気を送り込む。
これで、ファンが回らなくっても、熱暴走は起こさないさ。
その代わり、人間様も寒いのよ。

とりあえず、デルへいって、あれこれ。HPへいって、あれこれ。
(HP=ヒューレット・パッカード。何も知らないころは、ホームページと読んでいました。変わった名前のパソコンメーカーとしか思わなかったです)

そういえば、ゲートウェイが再上陸していたはず。
・・・そしてあれこれ。

見つけましたよ。
憧れの、牛柄のロゴ。健在じゃないですか。
いやん。スペックとかどうでもいいわ。
牛柄のロゴ。すてきw

お金、貯めなきゃな。
さぁ!がんばって仕事するぞ!!
雑記

0 TrackBacks
2 Comments

NHK教育・ラジオ

面白いね~。

高校音楽。という科目があって、
何をやっているかというと、

「ドイツ歌曲」。
シューベルトの「魔王」をバックで鳴らしながら、一行一行、訳を入れてくれるのだ。
あの、どことなく追い迫ってくるようなピアノの響きと、
芝居がかった歌い手が絶妙で、意味を知らないころも好きだったのだ。
ちなみにこの曲「魔王」は、三連符の連続で、昔は弾ける人がいなかったと聞いたのだけど本当かな?

訳を読みながら聞くのと、音楽を聴きながらさらに同時に訳も聞くのとは、
切迫感というか、真実味が全然違う。

登場人物は4人。
「語り」「父」「子供」「魔王」

一々、台詞の人物を教えてくれながら、言ってくれるので、さらにわかりやすい。
ざっと今風に意味をたどると、

おとうと息子が馬に乗って家路についている。
(私は嵐の中と思っているのだけど、本当のところはわからない)
魔王が、息子をさらおうと追いかけてくるのだけど、
息子には見えて、おとうには見えない。
おとうの腕の中でびびる息子に、
「ありえな~い」
と意に介さないおとう。
でもね、でもね。と、泣きそうな息子。
いい加減、おとうも怖くなって急いで家に帰ってみると、
息子は死んでいた。


結局、魔王にさらわれちゃったわけだよね。
あたしゃ、てっきり、息子を丸ごと持っていかれたのだと思っていたのだ。
体は残っていたのね。へ~。

にしても、おとうよ。
自分の息子が信じられなかったのか、それとも、「子供のいうこと」と鼻であしらっていたのか。
ゲーテの心の中をのぞいてみたい気持ち。 記事の続き
雑記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。