縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


呪文

「ねえね、魔法かけて(〃▽〃)」
 と、へにゃごんが言うから、魔法をかけた。
「アラビンドビン、ハゲチャビ~ン」
 真顔で、「違う」と言われた。この頃、テレビで魔女っ娘モノを見かけないから、なんことやら、 よくよく話を聞いてみると、プリキュアが魔女っ子モノを肩代わりしているらしい。
 へにゃごんの言う、「魔法の呪文」とやらを聞いてみたいのだが、焦らしているのかもったいぶっているのか、教えてくれないから、知っている限り、ありったけ呪文を唱えてみた。
「パンプルピンプルパムポップン?」
「違う」
「マハリクマハリタ~……?」
「なあに、それ?」
 魔法使いサリーの主題歌を歌ってやったら、「ヤンバラヤンヤンヤン~♬」のところが、いたくお気に召した様子で、何度もそこをせがまれた。
 なかなか、話が進まないので、へにゃかかに、魔法かけるときってなんていうの? と、聞いてみたら。
「キュア! プラパパ!」

 なんと! 一言、叫ぶだけかい。
 へー。
 ほー。
 呪文もケチケチ作戦ですか。
スポンサーサイト
メイちゃん

0 TrackBacks
0 Comments

へにゃごん。しゃべる!

 へにゃごん、2歳。
 最近の成長は目覚ましく、一日のうちで使える日本語が、見る見る増えていく。

「どこまでいきますか?」と、かかがきくと、「あっちまでいきますっ!」
「到着ですか?」ときくと、「とうちゃく・・・・・・、だよっ!」

 階段は木目なのだが、節があって、それを気にしているので、
「それは、階段の『目』なんだよ。へにゃごんが、落ちたりしないように見ててくれる、優しい目なんだよ」
 と、言ったら、
「かいだんのめ! こわい・・・・・・」

 ねぇねの位置づけは、ますますマブだちになり、ちょっとでもいなくなると、
「ねぇねー! こいよー!」
 
 ・・・・・・え? こいよ?

「こいよー!」
 両手を差し出して、自分の隣に、どうぞといわんばかりに「こいよ、こいよ」と誘うのだ。
 どっから覚えてきたんだ。その言葉^^;

 最近、ごっこ遊びが気になりだした。
 食べたふり、飲んだふりは、2歳前からしていたけど、ものを何かに置き換えて、たとえば、顔の書いた円筒上のものを、人に置き換えて、こんにちわ。と、決めた範囲に入ってくると、それが家なのだと理解できるようになった。

 洗面所に入る前は、暖簾の前に立ち止まり、
「とんとん!」←口で言う^^
「はーい。どなたですか? へにゃごんちゃんですか?」
「へにゃごん、ちゃん、だよ!」
「どうぞ、お入りください」
 暖簾を掻き分けて、「がらがらがらがら」
 という、一連の動作を要求する。
 ねぇねとの遊びなので、知らないババやかかがすっと入ってしまうと、
「いやっ」と拒否!
 また、最初から。

 へにゃごんが自分の名前を言えるようになったのはつい最近。年末に初めて電話で、「へにゃごん・・・・・・かな?」と可愛い確認もしていた。
 お正月があけて、かかと泊まりに来たときは、
「へにゃごんちゃん」と自分でチャン付けしていた。

 可愛さ倍増計画驀進中。
メイちゃん

0 TrackBacks
0 Comments

へにゃ言宗

 へにゃかかの嫁いだ家は、毎朝6:30ごろ、仏壇に向かって、お経を唱えるらしい。
 この頃は、へにゃごんも一緒のようだ。

 へにゃごんには、へにゃごんが開祖で教祖の「へにゃ言宗」がある。
 真言ではなく、「へにゃ言」を唱えるのだ。
 
 仏壇に向かってお経を唱えているおばあちゃんの隣に並んで、ゴム製のお数珠をビヨンビヨンしながら、
 まず。
「えーっと」
 から始まり、ありったけの語彙を駆使して、
「ととと、かかと、○×△♪*+□~~、で、こっち、~~で、えっと・・・・・・、ぶー~~っで、・・・・・・」

 時々、「へにゃ言」に負けて、おばあちゃんは間違えそうになるそうだ。
 恐るべし。へにゃ言宗。
 


 
メイちゃん

0 TrackBacks
0 Comments

へにゃごん、初めて歌う。の巻

 技術革新とはすばらしいもので、わたしらが高校生の時代、携帯なんぞは無くて、通信手段は固定電話か手紙。急ぐときは、電報。
 そのうち、ポケベルが登場するのだが、それは、お父さん世代がお仕事で使うもの。

 今や、携帯電話は手のひらサイズよりさらに小さく、そんな小さなもので動画をとって、さらにはそれが送信できるという夢が現実になったって話。
 すごいね。
 時々、その文明の利器を使って、へにゃごんの動画をくれるのだが。

「おっぱ ちゅ ちゅ。ねんねして」

 おっぱをちゅっちゅするしぐさに、ねんねのポーズ!
 これは!
 これはもしかして!!

「げんこつ山の狸」さん!?

 そんなへにゃごんに、骨抜きにされる毎日。
メイちゃん

0 TrackBacks
0 Comments

孫からの贈り物

 先日、へにゃごんがディズニーデビューしました。
 ちょうど、ハロウィンのイベント中でした。

 さてさて。
 
「これ、へにゃごんが選んだんだよ^^ じじばばにお土産ね?」
 
 ↓取り出だしたるは、これだ!!

かんおけ

 ・・・・・・。
 へひゃごんが、掴んで放さなかったそうだ。
 じじばば、大喜び。

「へにゃちゃんが、選んでくれたの~? すごいね~^^」

 いやいや、よく見てください。
 これ、棺おけですよ。

 しばし、沈黙。

 へにゃごんにもらったお土産は、モノ以上に大きく、楽しい時間でした。

 うちの孫は、やりますよ
 孫から、じじばばに、棺おけを贈るところは、うちぐらいでしょう


メイちゃん

0 TrackBacks
2 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。