縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


作務衣にも、いろいろありまして。

 作務衣と、一口に言っても、いろいろあるわけです。
 市販の作務衣だって、いろいろあるわけです。

 市販されているもので多いのが、衽がなく、道中着式に衿が前身ごろの裾までついているもの。袖は筒袖。ズボンは、いわゆる、イージーパンツ。日本語に直すと、簡単ズボン。ズボンは日本語じゃないけど。

 和裁で一般的に作る作務衣は、ホームコートや上っ張り、ひっぱりという上衣になるだろうか。筒袖はない。いわゆる、船底で袖付けはぶっつけといって、袖丈=袖付けの場合と、振りがちょこっとだけある身八型がある。
 袖口も、普通の三つ折りの袖口、ゴムで絞ったもの、カフス型の3種類が多いか。
 前幅は、衽のつくもの、つかないもの、褄下のあるもの、ないもの。
 ただ、どれにも必ずあるのが、「馬乗り」。洋服風に言うなら、脇の「スリット」。これがないと、作業に支障をきたす。つまり、動きにくい。
 そして、もう一つ大事なのが、がばがばしすぎない。
 ゆったり着られる作業服。という売りなのだろうけど、ゆったりしすぎて身幅が余ってくると、ひじやら手首やらに引っかかるので、動作しずらくなる。
 なので、お師匠さんは、ひっぱりに衽をつけることを大変渋っていましたよ。

「何のための引っ張りじゃ(怒」

 下は、ズボンなので、ご自由に。というところ。
 多くは、ウエストゴム。足首にもゴムを入れるものとカフス型、裾上げ型と、いろいろ。
 専門外なので、ふと、袴っぽいのはどうだろうと思ってみた。

 形はイージーパンツでok。わきに笹ひだっぽいのをつけて脇開きをつける。ウエストベルトのところにゴムを入れてひもで調節できるようにしてみようか。袴は、上着を中に入れて着るから、それに倣って着れば、脇が開いていてもパンツが見えることはない。
 注意は、通常パンツよりも、深履きに作ること。かな。袴を作る時に紐下-1寸ぐらい。それと、上衣の紐を、設定よりも上気味につけるといいかも。野袴のさらにズボン化した感じw
 普段着に着るものだから、何でもありだww
スポンサーサイト
雑談

0 TrackBacks
2 Comments

神社に営業に行った

 母がシルバー人材センターで神社の雑用を請け負った。
 その話の流れで、なぜか、神社に営業に行くことになった。
 曰く、
「作務衣を作ってほしい」

 ここで、一つ大事なことがある。
 作務衣は、和服の一種ではあるが、和裁のテリトリー外なのだ。
 現在の作務衣の形になったのは、昭和も戦後のこと。
 お寺さんなどで修行僧や小坊主さんが着る作務衣とは、ちょっと違う。

 上着は、ひっぱりや上っ張りなので、これは課金しても良心は痛まないが、下衣(したぎ)はズボンで、和裁ではないのだから、いわゆる、「素敵にハンドメイド」なのだ。
 ここは、一つ、和裁士としてではなく、ハンドメイド作家としてお代をもぎ取ろうか。
 いや。でも。しかし。

 こんな時は、参考価格として、相手の言い値を聞いてみるのだ。
「おいくらでやってもらってたんですか?」
「うん。上8000円、下8000円くらい」
 


 ご、ご、合計、16000円ですか?
 そうですか?
 聞き間違いじゃないですね?

 作務衣の仕立て代ごときに1万6千円だすのかー。
 そうかー。

 よくよく聞いてみると、のれんを出してる呉服屋さんに聞くと、2万とか、それ以上を提示されたのだそうだ。

 ちょっと古いが、「びっくりぽん!」だ。
 それ、言外に、「作務衣なんざ、お断りだ!」って言ってますよね? ね?

 とりあえず、課金対象の上着で8000円。ワタクシの良心を説得して、下衣2000円の10000円で手打ちとしていただきました。

 まあ、ね。
 2万円とか、くれるっていうんならほしいけど、実力に見合ったものをもらわないと、手が震えて受け取れません。
 
 でも、普通の着物にだって、2万はくれんだろ。ねえ?
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

辞めた

 今年度から、日本和裁士会を脱会しました。
 よって、今まで、タイトルの下に、『和裁士』と説明していたものを、『仕立て屋さん』と訂正しました。

 思えば、年会費1万8千円。
 隔月に減った会誌ぐらいしか、恩恵はなく、その会誌も各支部の活動報告や広告が多く、和服の仕立て屋さんとして、何か身になるものがあるかといえば、あるようなないような?
 和裁士会に所属して20年だから、36万円。
 値段分の得るものがあったかと問われれば、なかったとしか言いようがないが。
 長いものに巻かれている安心感は、確かにあった。
 
 いままで、お世話になりました(合掌
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

在庫管理

 道中着や被布飾りに必要な江戸打ちの紐を、消費税が上がる前に買い込んでおきたいのに、この期に及んで、電子レンジが壊れ、ガスレンジが壊れ。
 消費税前の駆け込み需要に、どうしてそんなに貢献したがるのか。

 ほかにも、糸や芯地、鏝の柄がしばらく前からすっぽ抜けるので、新しくしたいし、ネルは購入したけど、もう一組、洗濯時の替えがほしいし、ボール紙も少し多めに買っておきたいし。

 はっ!!

 これは、アベノミクスに巻き込まれてますか!?
 ちょっと、落ち着け。って、ことですね!!
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

紬の一つ紋

 女袴を仕立てようと思って、無地の紬を物色していた。
 良い色があったので、ちょっと見ていたら、なんと、一つ紋が入っている。
 さすがに、縫い紋だったし、仕立て替えは、袴なので、どうせ見えない。かまわないのだけど。

 今時、紬にも一つ紋を入れるんだなぁ・・・・・・。

 一つ紋の紬って、どこに着ていくんだろ?
 洋服で言えば、きれい目のジャージ?

 
 まあ、なんだ。
 昔は、目を疑った、キャミワンピってのもあるし、そもそも、キャミソールを見せるなんて、考えもしなかった時代もあったわけだから。

 つまり、きれい目のジャージをお友達とのお食事なんかに来ていく時代になったのだ。
 と思えば・・・・・・。
 
 
 ・・・・・・。
 そんな時代になったんですか?


--------------------------------
 紬の一つ紋。
 実は、ちょっとしたお出かけに、紬の一つ紋は着るものなのだと、教えてもらえました。
 私の勉強不足。認識不足。
 
 雨の日の法事、入学式ok!
 とのことで、結構、いいところまで着られるのだそうです。

 きれいめジャージは、きれいめワンピースに格上げです。


 数ヶ月前、袴を仕立てるのに無地の紬を探したのですが、どこにもなかったのです。
 今、着る人がいないとか言われて、いないわけないと思うんだが・・・・・・?? と、不思議に思ってました。

 取り急ぎ、訂正です。
 
雑談

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。