縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


作務衣にも、いろいろありまして。

 作務衣と、一口に言っても、いろいろあるわけです。
 市販の作務衣だって、いろいろあるわけです。

 市販されているもので多いのが、衽がなく、道中着式に衿が前身ごろの裾までついているもの。袖は筒袖。ズボンは、いわゆる、イージーパンツ。日本語に直すと、簡単ズボン。ズボンは日本語じゃないけど。

 和裁で一般的に作る作務衣は、ホームコートや上っ張り、ひっぱりという上衣になるだろうか。筒袖はない。いわゆる、船底で袖付けはぶっつけといって、袖丈=袖付けの場合と、振りがちょこっとだけある身八型がある。
 袖口も、普通の三つ折りの袖口、ゴムで絞ったもの、カフス型の3種類が多いか。
 前幅は、衽のつくもの、つかないもの、褄下のあるもの、ないもの。
 ただ、どれにも必ずあるのが、「馬乗り」。洋服風に言うなら、脇の「スリット」。これがないと、作業に支障をきたす。つまり、動きにくい。
 そして、もう一つ大事なのが、がばがばしすぎない。
 ゆったり着られる作業服。という売りなのだろうけど、ゆったりしすぎて身幅が余ってくると、ひじやら手首やらに引っかかるので、動作しずらくなる。
 なので、お師匠さんは、ひっぱりに衽をつけることを大変渋っていましたよ。

「何のための引っ張りじゃ(怒」

 下は、ズボンなので、ご自由に。というところ。
 多くは、ウエストゴム。足首にもゴムを入れるものとカフス型、裾上げ型と、いろいろ。
 専門外なので、ふと、袴っぽいのはどうだろうと思ってみた。

 形はイージーパンツでok。わきに笹ひだっぽいのをつけて脇開きをつける。ウエストベルトのところにゴムを入れてひもで調節できるようにしてみようか。袴は、上着を中に入れて着るから、それに倣って着れば、脇が開いていてもパンツが見えることはない。
 注意は、通常パンツよりも、深履きに作ること。かな。袴を作る時に紐下-1寸ぐらい。それと、上衣の紐を、設定よりも上気味につけるといいかも。野袴のさらにズボン化した感じw
 普段着に着るものだから、何でもありだww
スポンサーサイト
雑談

0 TrackBacks
2 Comments

神社に営業に行った

 母がシルバー人材センターで神社の雑用を請け負った。
 その話の流れで、なぜか、神社に営業に行くことになった。
 曰く、
「作務衣を作ってほしい」

 ここで、一つ大事なことがある。
 作務衣は、和服の一種ではあるが、和裁のテリトリー外なのだ。
 現在の作務衣の形になったのは、昭和も戦後のこと。
 お寺さんなどで修行僧や小坊主さんが着る作務衣とは、ちょっと違う。

 上着は、ひっぱりや上っ張りなので、これは課金しても良心は痛まないが、下衣(したぎ)はズボンで、和裁ではないのだから、いわゆる、「素敵にハンドメイド」なのだ。
 ここは、一つ、和裁士としてではなく、ハンドメイド作家としてお代をもぎ取ろうか。
 いや。でも。しかし。

 こんな時は、参考価格として、相手の言い値を聞いてみるのだ。
「おいくらでやってもらってたんですか?」
「うん。上8000円、下8000円くらい」
 


 ご、ご、合計、16000円ですか?
 そうですか?
 聞き間違いじゃないですね?

 作務衣の仕立て代ごときに1万6千円だすのかー。
 そうかー。

 よくよく聞いてみると、のれんを出してる呉服屋さんに聞くと、2万とか、それ以上を提示されたのだそうだ。

 ちょっと古いが、「びっくりぽん!」だ。
 それ、言外に、「作務衣なんざ、お断りだ!」って言ってますよね? ね?

 とりあえず、課金対象の上着で8000円。ワタクシの良心を説得して、下衣2000円の10000円で手打ちとしていただきました。

 まあ、ね。
 2万円とか、くれるっていうんならほしいけど、実力に見合ったものをもらわないと、手が震えて受け取れません。
 
 でも、普通の着物にだって、2万はくれんだろ。ねえ?
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

産着と被布コート

 着物を商品として販売しているなら、お願いだから、基本は押さえておこうよ。と、涙ながらに語ってみる。

 産着は、赤ちゃんが「産」まれてはじめて着る着物だ。赤ちゃんが直接身に着けるものだから、やわらかい天然素材で、無垢な赤ちゃんの皮膚にも優しい生地で作る。
 多くは木綿のガーゼで、これは大人は絶対に着ないものだ。
 だから、「産着」という。

 同じ「うぶぎ」でも、「初着」と書くと、「産着」とは違うものになる。
 これは、赤ちゃんが、「初」めて大人と同じ生地を使って作る着物だ。正絹や化繊のものが多く、刺繍や染めで柄が書いてある華やかな晴れ着だ。お宮参りという、赤ちゃんの一区切りのお祝いとして仕立てるもので、多くは一つ身であるが、大人の羽織を仕立て直した四つ身もあるし、布幅が許せば二つ身や三つ身のものでもよい。

 要は、寸法がお宮参り用で、お袖が大名袖であればよく、幅の広い紐をつけたものであれば、裁ち方なんぞ、どうでもよい。
 背縫いがあってはダメだという意見も聞くが、背縫いがないとそこから悪魔や悪霊がとりつくから、背守を付けるだけで、背縫いのあるなしが問題ではない。
 また、縫い目は結界でもある。それを破らないと中に入ってこれないのだから、結界のない背を背守で守るという意味もある。

 やがて、それは3歳のお祝いに、あげを取って着るのだから、その寸法に耐えうる形であればいいのだ。

 被布コートもしかり。
 被布コートとは、つまり、脇にマチがなく、縫い目が割ってあるもので、お外でしか着られないものだ。縫い目に、悪いものはとりつくのだから、縫い目がむき出しになるコートを着たまま室内に入ることは、意識せず拾ってきたあらゆる「魔」をそのまま家の中に持ち込むことになる。
 基本、屋根のあるところでは脱ぐのだから、神社でお祓いを受けるときは脱がなければならない。外套は、誇りや紫外線から着物を守るためのものだから、屋内では必要ない。
 被布になると、話は違う。脇にマチがあり、縫い目にキセがかかる。きっちりと縫い目が隠されているから室内でも着用できる。神社でお祓いを受けるときも、着たままでok。

 商魂たくましいのは結構だが、もうちょっと、何とかならないだろうか。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

辞めた

 今年度から、日本和裁士会を脱会しました。
 よって、今まで、タイトルの下に、『和裁士』と説明していたものを、『仕立て屋さん』と訂正しました。

 思えば、年会費1万8千円。
 隔月に減った会誌ぐらいしか、恩恵はなく、その会誌も各支部の活動報告や広告が多く、和服の仕立て屋さんとして、何か身になるものがあるかといえば、あるようなないような?
 和裁士会に所属して20年だから、36万円。
 値段分の得るものがあったかと問われれば、なかったとしか言いようがないが。
 長いものに巻かれている安心感は、確かにあった。
 
 いままで、お世話になりました(合掌
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

それはそれ。

 へにゃごんのコスプレ衣装を検索中にたどり着いた、上級と思われるハンドメイダーさんのブログ。
 そこに、洋裁系でよくある「和裁はわからないけど、七五三を手作りで!」という趣旨のエントリを発見。

 そうなんです。
 特に、クオリティを気にしなければ、いくらでも着物も羽織も被布もできちゃうんです。
 「和裁」という観点から見るから、思わず絶句、な、工程で出来上がりになるのですが、着てしまえば、着物は着物だし、被布は被布です。そこ、気にするかしないかの差。
 洋裁系で作ったものは、レンタルっぽい雰囲気がにじみだすけど、そこは生地質とか色柄にもよるから、仕方がないと割り切って。

 そして、ワタクシは、人がすることにいちいちケチは付けないタイプです。
 好きで、しかも、そこに子供のために楽しんでやっているという、一石二鳥も三鳥もなりそうな、いや、実際なってるだろうことに、くちばしを突っ込むほどお節介ではありません。

 偉そうに和裁をコケにするような洋裁ブリを発揮するエントリには噛みつくけど。

 縁どりに、梵天テープを付けた水色とピンクの被布は、子供らしくて、とてもかわいいし、地色が卵色でピンクと水色の柄の着物はふんわりしていて、いかにも今風。
 どこかの質問サイトに常駐している皆様に見せてあげたいですわ。
 子供の成長を見守り、一つの区切りとしてするお祝いに、心がこもっていれば、着物なんてどうだっていいんです。

 ……、いや、どうでもよくはないけど、神経質に、伝統だのTPOだの正式だのに捕らわれて、子供のお祝いなのに、子供を不快にするような親の見栄でやるより、はるかに、心のこもったものだと思います。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。