縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


産着と被布コート

 着物を商品として販売しているなら、お願いだから、基本は押さえておこうよ。と、涙ながらに語ってみる。

 産着は、赤ちゃんが「産」まれてはじめて着る着物だ。赤ちゃんが直接身に着けるものだから、やわらかい天然素材で、無垢な赤ちゃんの皮膚にも優しい生地で作る。
 多くは木綿のガーゼで、これは大人は絶対に着ないものだ。
 だから、「産着」という。

 同じ「うぶぎ」でも、「初着」と書くと、「産着」とは違うものになる。
 これは、赤ちゃんが、「初」めて大人と同じ生地を使って作る着物だ。正絹や化繊のものが多く、刺繍や染めで柄が書いてある華やかな晴れ着だ。お宮参りという、赤ちゃんの一区切りのお祝いとして仕立てるもので、多くは一つ身であるが、大人の羽織を仕立て直した四つ身もあるし、布幅が許せば二つ身や三つ身のものでもよい。

 要は、寸法がお宮参り用で、お袖が大名袖であればよく、幅の広い紐をつけたものであれば、裁ち方なんぞ、どうでもよい。
 背縫いがあってはダメだという意見も聞くが、背縫いがないとそこから悪魔や悪霊がとりつくから、背守を付けるだけで、背縫いのあるなしが問題ではない。
 また、縫い目は結界でもある。それを破らないと中に入ってこれないのだから、結界のない背を背守で守るという意味もある。

 やがて、それは3歳のお祝いに、あげを取って着るのだから、その寸法に耐えうる形であればいいのだ。

 被布コートもしかり。
 被布コートとは、つまり、脇にマチがなく、縫い目が割ってあるもので、お外でしか着られないものだ。縫い目に、悪いものはとりつくのだから、縫い目がむき出しになるコートを着たまま室内に入ることは、意識せず拾ってきたあらゆる「魔」をそのまま家の中に持ち込むことになる。
 基本、屋根のあるところでは脱ぐのだから、神社でお祓いを受けるときは脱がなければならない。外套は、誇りや紫外線から着物を守るためのものだから、屋内では必要ない。
 被布になると、話は違う。脇にマチがあり、縫い目にキセがかかる。きっちりと縫い目が隠されているから室内でも着用できる。神社でお祓いを受けるときも、着たままでok。

 商魂たくましいのは結構だが、もうちょっと、何とかならないだろうか。
スポンサーサイト
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

それはそれ。

 へにゃごんのコスプレ衣装を検索中にたどり着いた、上級と思われるハンドメイダーさんのブログ。
 そこに、洋裁系でよくある「和裁はわからないけど、七五三を手作りで!」という趣旨のエントリを発見。

 そうなんです。
 特に、クオリティを気にしなければ、いくらでも着物も羽織も被布もできちゃうんです。
 「和裁」という観点から見るから、思わず絶句、な、工程で出来上がりになるのですが、着てしまえば、着物は着物だし、被布は被布です。そこ、気にするかしないかの差。
 洋裁系で作ったものは、レンタルっぽい雰囲気がにじみだすけど、そこは生地質とか色柄にもよるから、仕方がないと割り切って。

 そして、ワタクシは、人がすることにいちいちケチは付けないタイプです。
 好きで、しかも、そこに子供のために楽しんでやっているという、一石二鳥も三鳥もなりそうな、いや、実際なってるだろうことに、くちばしを突っ込むほどお節介ではありません。

 偉そうに和裁をコケにするような洋裁ブリを発揮するエントリには噛みつくけど。

 縁どりに、梵天テープを付けた水色とピンクの被布は、子供らしくて、とてもかわいいし、地色が卵色でピンクと水色の柄の着物はふんわりしていて、いかにも今風。
 どこかの質問サイトに常駐している皆様に見せてあげたいですわ。
 子供の成長を見守り、一つの区切りとしてするお祝いに、心がこもっていれば、着物なんてどうだっていいんです。

 ……、いや、どうでもよくはないけど、神経質に、伝統だのTPOだの正式だのに捕らわれて、子供のお祝いなのに、子供を不快にするような親の見栄でやるより、はるかに、心のこもったものだと思います。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

七五三の着物についての一考察

 また、と、あるところで見かけた記述ですが、七五三といえども、殿方の正装は羽織必須だそうです。
 必須。
 そうかもしれません。
 殿方の正装は、紋付羽織袴ですから。
 確かに、女の子は、振袖様の袖の長さです。未婚の女性の第一礼装ですから、それでいいわけですが。
 でもさ。
 女の子が着る被布は、礼装ではありません。むしろ、帯を隠すための室内着の普段着です。
 第一礼装に、普段着を重ねるこの矛盾。
 そう考えると、わざわざ、羽織を重ねて、「正式」にする理由がなくなります。
 女の子は矛盾がまかり通って、男の子は道理を通さねばならないことはないのです。

 お宮参りに使った初着に袴を合わせます。
 それに羽織を合わせるとなると、余計な出費がかさむわけです。
 そういう意味でも、あるものですむならそれでいいと思うのだけど、やはり、そうはいかないものなのでしょうか。

 3歳のお祝いは、男の子もするものだと思っていましたが、所によっては、男の子はしないところもあるそうです。
 そして!
 3歳のお祝いには、男女問わず、初着をあげ取りしたものに「被布コート」!! 
「被布コート」!!
「被布コート」?
 別に、コートにしなくても、被布でいいじゃんね?
 それはともかく、女の子は被布、らぶりー♪ ですが、男の子は、袖なしの羽織がいいと思うのです。
 ちゃんちゃんこ、ともいいますか。
 被布は、丸いラインが女の子のふっくらしたかわいらしさを、
 羽織は、縦のすとんと落ちるラインが、男の子のシャープさを表現しているようで良いと思うのですが、今は、「らしさ」というのに、アレルギー的抗原抗体反応を見せる方が多いようです。
 いいじゃんね。
 女の子はおんなのこらしさ。男の子はおとこのこらしさ。人間の多様性というやつです。
 
 さて。
 うちのへにゃごんも、3歳のお祝いをしました。
 といっても、数えですから、実際は、2歳になったばっかり。
 なのに、お宮参りに使った初着では、微妙に前巾が・・・・・orz...

 初めての姪っ子でもあるまいし、そんなに張り切らなくてもいいじゃないか。と、内心苦笑しつつ、正絹の総絞りの羽織をつぶして被布に仕立て直し、どこからともなく引っ張り出してきた一つ身の初着をわざわざ仕立て直して、あげを取り、紐を付け直しました。
 お襦袢はどうしようかなと思いましたが、2歳になりたての小さな子に、ピンクの下着にお襦袢を着せるのは気の毒だったので、下着は却下。さらしで半襦袢を作り袖襦袢を付けました。
 そして、どうしようか悩んだ挙句に、後学の為に、被布飾りを自作しました。
 楽天をさ迷い歩いた挙句に、とうとう、正絹の江戸打ちの安いお店を発見。
 といっても、 10メートルで3000円ほどになりましたが、まあ、とある組紐やさんでは、1メートルで1000円ほどになるので、激安です。
 出来は、冷や汗モノです。
 いいんです。仕立て屋の身内の着物です。

 ちなみに、「仕立て屋の身内の着物」らしく、どう裏は継ぎ接ぎでした^^
 後で気づいたのですが、よくみると、袖の裏に虫食い穴が・・・・・・orz...
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

ワタクシが見た七五三。

 見渡すといろいろいます。
 手前味噌から。

 へにゃごんは、一つ身に上げをして、初着の紐を解き、中に心を入れたものを帯にして、総絞りの羽織の仕立て直した袖なしの被布。中は、さらしの身頃に、えげつないぐらいまっ黄緑のブロードのはぎれを半襟代わりにかけて、初着についていた鼻血が出そうな真っ赤な袖襦袢を付けた半襦袢。
 
 被布の衿にひらひらのついた赤ちゃん仕様。
 大抵は、綿が入っているのでふっくらもっさり。
 被布の窓が大きすぎて、舌がべろんと、あっかんべーされてるイメージの被布が多い。
 そういうものは、大体、首が詰まって前のめりに見える。

 きらきらのサテン地のように妙に光る着物もあった。
 化繊だし、綿も入っているから、張りがあるのは仕方がないのだけど、もう少し、絹に似せた垂れ具合を再現できないのだろうかと思うものが多い。
 綿抜きでいいと思うんだけどねぇ・・・・・・。

 被布の竪衿が折り返って着ているものもあった。
 大人で言えば、花魁風なんだろうか。

 どの子もかわいいが、黄八のアンサンブルがいた。
 可愛いよ。黄八のアンサンブル。町娘風ですごく可愛い。
 かわいいがっ!!
 七五三なんだから、せめて、染めの着物にしようよ。
 黄八のアンサンブルは、お正月にしてさ。

 男の子もいた。
 男の子は、今はやりの、壮大な羽織を着ていた。
 明らかに、借り物。
 
 思い返しても、自前であつらえた子はいなかったなぁ・・・・・・。
 お母さんのお下がりとか、おばあちゃんがとっといてくれたとか、ありそうなものなのに、それらしい子はなかった。
 とても残念。

 さて。
 七五三なのだから、7歳の子もいた。
 きっちり帯を締めて、しごきを巻いて、頭はきれいに結い上げて、すっかりお嬢さん。
 もちろん、帯は作り帯らしく、かっきりしていたけどね。

 祝詞をあげるのに控え室で待っていたら、一人の女の子が、何度も、前を通る。
 鮮やかな色使いの絵羽付けの振袖で、おしゃまさんらしく、手を軽く曲げて、おしとやかにそそと通り過ぎる。
 手を曲げるのが、えらいなと思った。
 今時、成人式でさえ、だらんと手を下ろしてにょきっと出してるだらしない格好のお嬢さんが多いのに。

 ちらりと、へにゃごんをみて、ついっと頭をそびやかして通り過ぎる。
 へにゃかかとふと顔を見合わせて笑ってしまった。

「お姉ちゃん、きれいだね~。いいね~。へにゃちゃんも、あと少ししたら、あーいうの着るんだよ~」

 といってあげたら、本人も気を良くしたらしく、へにゃごんの頭をひとつ二つなでてくれた。
 祝詞のあと。
「『あーいうの』は着ないけどね」
 にやっと笑いあって、へにゃごんの頭をなでた。

 そう。
 あーいうのは着ない。
 
 どういうのにしようかなぁ・・・・・・。
 やっぱり、染めの小紋だよね。

 ひわ母の四つ身の晴れ着がある。
 雪輪の綸子の小紋もあったから、あれを四つ身にしてもいいなぁ。
 でも、もったいないかも。
 
 また、オークションでも覗いてみよう。
 予算は5000円くらいかな。
 
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

初着をバラス!!

 仕事がなくなった!!

 と、いうわけで、姪っ子のために初着をあげ取りしようと思った。
 初節句ではない。
 2度目のお節句に、去年は着られなかった着物を着てもらおうという魂胆。
 もう、ガシガシ歩いてるしね。

 伯母馬鹿、全開です。

 さて。
 お宮参りに使った初着は、二枚襲ね。上着は、表、正絹、裏、化繊。八掛は引き返し。
 下着は、表裏、化繊。
 袖襦袢、まっかっかの化繊。
 
 これを、あげを取ろうと引っ張り出してきたら、なんか、なんとも、・・・・・・ていうか、どう、これ。

 安物を買うものではないね。
 ま、数百円のものだったのでいいことにしようか。

 ざっと見た感じ、柄は合ってない、かぶっているわけではないが、シミ、多数。
 表、ぺらっぺら。下、重っ。

 極めつけは、紐が上下逆さまについているではないか!!

 ダメね。
 ダメだね。
 ぶー。

 というわけで、初着をほついて、縫い直すことに。

 過程を、できるだけあげていこうと思いますが、上手く、写真が取れるかどうかが問題。
 こうご期待で。

 
 あんまり関係ないですが、お宮参りの初着をご希望の方に、お勧めしておきます。
 市販の初着セットを○万円だしてお買い上げになるなら、お母様かお祖母様かあるいは、誰でもいいので、華やかな正絹の小紋を初着に仕立て直したほうがいいです。
 同じような値段で、とても、なんというか、品のよいものに仕上がります。

 と、今回、しみじみと思いました。
 
 市販の初着セットは、確かに豪華できれいで華やかで、幸先よいものに見えますが・・・・・・が、が・・・・・・。






 ・・・・・・自分が贅沢なのかもしれませんね。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。