縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


また、間違えたっ!

今度は道中着です。

道中着に仕立て直しって、どうしても裏衿分を忘れてしまう。
余裕じゃん!
って、前落しで袖口をとらないで、掛け衿でとってしまった。

さあ。
じゃあ、衿でも付けようかと思ったら、

   何故、半幅?

それはね。
衽で衿を取ってるからよ。


道中着の衿は巾3寸上がり。裏表で6寸。付けとくけの縫込み最低3分×2。
計6寸6分何がどうしたって必要なのに。

一瞬、血の気が引きましたよ。
久しぶりの緊張感でしたよ。
残布をありったけかき集めて、継ぎ接ぎ。

頭の中は、「つぎはぎブギウギ」@ウルフルズのエンドレス。

ぎりぎり、足りました。というか、誑しました。・・・・・・いや、足らしました。


なんか、最近、抜けているワタクシです。
スポンサーサイト
羽織・コート

0 TrackBacks
0 Comments

間違えたっ!

ものの見事に間違えました。

モノは、千代田。しかも、仕立て直し。
たて縫いも終わり、ポッケもついた状態で、

   さて。衿でも付けるか。

と、合わせてみると、どうも、つかないことが判明。
仕立て直しなのだから、つかないとおかしいのです。
だって、この裁ちとヘラでついていたのを解いたのだから。

   何が? どう違うの??



あれこれとひっくり返してみると、小衿裏が立て衿裏を引っ張りあげる仕立て方で、
小衿先の縫込みが一つも出てこないっ!

たて衿付けが浅すぎて、縫込みがなくなっていたのです。



しばし、呆然。

   もう、ミシン掛けちゃったよ。
   ポケットもついちゃったよ。
   どうするよ。これ。

どうもこうもありません。
しぶしぶ、たて衿をほついて、縫い直しです。

ちぇ。

縫い直しかよ。 記事の続き
羽織・コート

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。