縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


割を入れることについて

 男物の裄を接ぐことを、「割を入れる」といいます。
 これは、ただ単に反物の巾が狭いから、別の布を接いでいる、わけではありません。

 昔、昔。
 殿方は、大柄でも現在には程遠く、相撲取りでも現在の標準ぐらいです。
 反物には規格があます。これは、決められて統一されたものではなく、織機によるものです。体格に対して十分だったのでそれ以上は作られなかったのでしょう。
 それで、昔は反物の巾は9寸から、広くても9寸5分。

 入門したころのへな猪口のころは、体も小さく力も非力です。
 食って、稽古して、脂肪と筋肉を付けて、先輩に投げられながら、四股も踏んで、としているうちに、体格が良くなってくるわけです。
 必ずしも体の大きさ=相撲の強さではありませんが、大きくなるとそれなりに強くなるわけです。
 ちょっとあたられたぐらいでは吹っ飛びません。

 そうして、大きく強くなると、従来の反物の巾では、どうしたって足りないわけです。そこで、袖で接ぐことになります。強くなるということはそれなりに収入も上がってくるということです。
 それはつまり、布が多くいることになり、布が財産のひとつだった時代、身を立てた証でもあるのです。

 そこから、立身出世の願掛けのように、わざと、割を入れた着物を作ることもあります。
 まだ若いお相撲さんや、駆け出しの社長さんが、今ある自分、あるいは立ち上げたばかりの会社がも一回りも二周りも大きくなれるようにとの願いをこめています。

 割を入れた着物は、そんな風に縁起の良いものなんです。

 決して、裄が足りなかったから接いだだけ、ではない、深い意味、・・・・・・も、あるんですよ。
 
スポンサーサイト
男物

0 TrackBacks
0 Comments

仕立て方・いろいろ

男物といえば、殆どが洗い張り。
新しく仕立てるお客さんは、こちらには迷い込んできません。



基本的に、
 
   【表のあげ】
       後→袖付けから2寸5分下
       前→後ろの一寸下。

   【裏の上げ】
       花色木綿等、通しの裏→肩揚げ
       胴接ぎ付き→女物同様。ただし縫込みは八掛けのほう(裾に向かって)へたおす。

表地のあげについては、よく聞かれるのが、「なぜ、前を低くずらすのか?」

なぜなら、男物の帯は前を少し下げてしめるから。だそうです。
後とツラ一にするとあげの縫い目が出てくるので、一寸下げるのだとか。

裏のあげについては、「なぜ、肩揚げなのか」
 
なぜなら、昔の殿方のお仕事とは、担ぐものが多かったため、
肩の保護(クッションの役割)と、生地が傷みやすかったため。

その他に、びっくりしたのが、裏衿!
男物は、袷といえども棒衿に仕上げるのです。

ワタクシのお師匠さんは、

   「男もんの裏衿なんざ、所詮見えへんもんや。そんなもんつけんでもええ。
    んなもん、つけたら、始末するときにごろごろするやん」

そういって、衿先1尺ぐらいつけてあとは、なし。
なのに、先日お預かりした悉皆の男物には、しっかり裏衿が着いていました。

   え! これは、ついてるってことは付けるんだよね?

しばし、悶々と思案。
・・・・・・・・・・・・・・・付けよう。仕方あるめぇ。やっぱり、ついてるものは付けなきゃだめですよねぇ。
男物

0 TrackBacks
4 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。