縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


金通し

 ラメとは違います。
 金糸を織り込んだ生地で、生地も少し厚く重たく、重厚感にあふれた奥行きのある生地です。
 これが銀色ならば、銀通しといいます。
 じゃあ、例えば、これが銅であったら、銅通しというのか。というと、そんなものはありません。
 
 昔、どこかで言ってましたが、着物の世界でも、金と銀しか駄目なんです。銅では駄目なんです。
 でも、銀でもいいということは、一位でなくちゃ駄目ってことではないので、ましかもしれません。

 さて。
 この金通し。錆びます。手入れを間違うとものすごい錆がくるんです。
 呉服屋さんから持ち込まれたシミだらけの訪問着を見て、びっくり。
 
 何でこんなになったんですか!?

 と、聞いたところ、悉皆屋さんが言うには、錆びたのだそうです。

 で。これをどうしろと。

 恐る恐る聞いたら、案の定、「筋を隠して出来るだけきれいにしてください」。

 ・・・…だよね。


 よくよく見ると、二つも三つも筋があります。
 二回も三回も仕立て直したわけではないと思うのですが、どうも変だな。と思っていたら、畳んだときの折がそのまま錆びてシミになったようで。
 ってことは、どう考えても、全部の筋は隠れないわけです。
 だって、畳んだときの折ってことは、すでに見えているところに筋があり、これを隠すとなると、かなり狭く小さくなってしまうのです。

 しょうがない。

 そこはだしました。
 それと。
 鉛筆で書いたような黒い筋が残っていました。
 黒いんです。
 まさか、自分で仕立てたわけではないでしょうから、本職さんが縫ってると思うんです。
 でも、黒い。
 本職が鉛筆で筋を引くわけではあるまいし・・・・・・。

 そういえば。

 昔、悉皆屋さんが嘆いていました。

 和裁塾で、筋を引っ張るのに、石鹸を使っているところがある。
 石鹸のアルカリ成分は絹には悪影響で、その他もろもろの薬品と化学反応を起こして黒く残ることがある。
 だから、水で洗えない正絹には絶対使わないで欲しい。

 ・・・・・・黒く・・・・・・。
 まさか、ね。
スポンサーサイト
着物

0 TrackBacks
0 Comments

塩沢の恐怖

 塩沢 という反物がある。
 一見、大島風ではあるが、実は、糸にかなり撚りがかかっててシボがある。
 御召っぽい風合いもあり、実際、判別が難しい。
 ってか、あんまり久しぶりに見たので、何だっけ、これ? と、しばし、思案。

 塩沢なんですけど・・・・・・、という呉服屋さんの話に、せやった。せやった。と、一人苦笑い。

 これがまた、よく、詰まるんです。
 びっくりするほど詰まるんです。
 
 ちょこっと霧を吹いて、しゅっと、おこてを乗せるだけで、ちゅるんと詰まるんです。

 3寸2分の端切れが、3寸にまで詰まるんです。
 真夏の怪談よりも、怖い話です。
着物

0 TrackBacks
0 Comments

「切り繰り越し」と「裁ち繰り越し」

 着物、狭義に和服は、日本の民族衣装といいます。
 民族衣装というからには、全国、一律で同じ形で、同じつくりです。
 同じつくりだからには、作り方も同じかというと、そうでもないのです。

 ワタクシは、京都で師匠について勉強させていただきましたが、ミヤギケンで講習会があったときに、まず、全否定されました。
 同じミヤギケンの先生でも、違う先生には、腕がいいと褒められました。

 そんな具合で、それぞれの地方によってやり方が違うし、その縫製所によっても違うし、そのやり方について、どこも同じくらいプライドが高いです。

 そんなわけですので、「切り繰り越し」と「裁ち繰り越し」について尋ねられても、わたしには分かりません。
 そもそも、「切り繰り越し」と「裁ち繰り越し」そのものが何を指しているのか分からない><

 多分、宮城県で、「切り越し」と「繰り越し」といっているものだろうと思われますが、その違いも分からない><
 和裁士としては、あるまじきことなんでしょうけれど、やっぱり、勉強させてもらった縫製所の影響というのは計り知れないのです。すみません。
着物

0 TrackBacks
0 Comments

薄物と単衣

 とある着物サイトでのコメント。

「絽は早いでしょうか。単衣がいい?」


 ・・・・・・? 
 絽も、単衣ですが?
 絽は、単衣とは言わないのかな?
 でも、単衣なんだけど・・・・・・?

 最近、絽の袷とか出来たかな?
 「紗合わせ」も「袷」だって言うしな。

 そのコメント返しが、

単衣でいいでしょう。



 よくよく読んでみると、単衣とは、「合着」を指しているらしいという事に気付いた。
 
 それを書いている人が、元、呉服屋さんだったので、基礎知識として分かっている認定してしまっていた。
 勝手に混乱した自分が恥ずかしい・・・orz...

 最近は、仕立屋さんや呉服屋さんでも「合着」とは言わないみたいです。

 「単衣」というのは仕立て方であって、衣替えの時に使うのは、「薄物」「合着」。
 「薄物」は、絽、紗、羅などの透ける生地で作ったお単衣。
 「合着」は、ウール、紬、大島、その他透けない生地で作ったお単衣。
 どちらもお単衣なんだから、「単衣」というだけでは間違いではないが正しくもない。

 間違えるから、使い分けるように。と、言われたものです。

 

着物

0 TrackBacks
0 Comments

二尺袖

 最近の着物用語は、よく分かりません。
 二尺袖。
 にしゃくそで。
 
 二尺袖?
 もちろん、二尺の袖丈なんでしょう。と、いうことは推測できますが。
 二尺袖??

 なんだろうと思って検索してみたら「二尺袖」。「小振袖ともいう」。

 いや。
 小振袖としかいわないんじゃ?
 てか、小振袖のことかよー><

 いろいろ、難しいことです。

 ちなみに、小振袖は、その名の通り、振袖の小さいバージョンで大体二尺ぐらいの袖丈になります。
 10代の普段着として解釈して間違いがないかと思います。
着物

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。