縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


着物 de 花見

 いつだったか、黄八のアンサンブル(被布)を着て、花見に行きたい。と、書いた。
 その夢は一向に実現しないが、今日、他人様が着物で花見にきているのを見た。
 大河原の一目千本桜。
 背景には、雪を冠した蔵王連峰が見え、なかなか雄大な風景の中、着物姿のお嬢さんたちが、華やかな笑い声を立てて写真を撮りあっていた。

 いいね。
 着物 de 花見。
 あこがれだね。

 小紋の中に、袴が一人いたが、これもまた素敵。
 めったに着れないものだから、こういう時に着ないとね。
 蔵王からの吹きおろしの風がきつく、お袖がなびいたり、はらりと上前の衽がめくれるのもなかなかに風情のあるものです。

 着にくいのに、よく着たよ。

 心意気は認める。
 
 が。

 彼岸花はないだろう。
 どんな幾何学模様でも、季節感のない洋花でもそれは構わない。
 でも、彼岸花はないわ~。
 誰が見ても、彼岸花は、秋の夕日に映えるものであり、春の桜の下には咲かないものだよ。
 徒花でもあるまい、ちょっと残念な感じでした。
 今回は、がんばりま賞を進呈します。

 着物を着てくれてありがとう。
 でも、季節のはっきりした花の着物は、もう少し、季節感を気にしましょう。
スポンサーサイト


0 TrackBacks
0 Comments

春めいてきた。

 先日の大雪が三分の一ほどに減りました。
 当家も、日本列島北よりにありますが、仙台空港も近いこともあって、気候的には大変穏やかです。
 それが、一日4回も雪かきをする羽目になるとは・・・・・・。

 本日、最高気温8度。
 なんと! 
 最高気温、8度!! ですよ!

 今日、暖かいね。
 ストーブ要らないね。

 と、今日は、ストーブが沈黙しています。
 これが、秋であれば、寒くなってきたね。ストーブつけようか。という気温です。

 季節って不思議です。

 庭の蝋梅が、そろそろ終わりになります。
 大雪前に、ふきのとうがうっかり頭を覗かせていたので、ひわ母に見つかり、食われてしまいました。
 早春の味でした。
 春は、苦いのです。

 3月1日。
 姪っ子ちゃんが高校卒業です。



0 TrackBacks
0 Comments

立春の雪

 昨日は、とても暖かい日だった。
 ラジオでは、今日は寒くなるというのに、その寒さを侮っていたよ。

 雪だ!
 ぼたぼたと落ちる雪が降ってきました。

 まだ、厳冬真っ只中だったんですね。

 
 でも、実は、雪が降ってる日って、以外に暖かいんですよ。
 これで、雪も降らず、蔵王からの吹き降ろしの風が吹き荒んだ日には・・・・・・もうね。
 天気がいいからと、外に洗濯物を持っていって、バサッとやった瞬間に凍ってますがな。
 そんな日は、年に2回もあればいいほうですが。

 次、3月にもう一度ドカ雪が降って、今年の冬もおしまいです。

 暦の上では、もう、春なんですよ。




 ・・・・・・ん?

 こ・よ・み・の・う・え・で・は♪
 
 という歌が耳をついて離れないんですが。
 なんでしたっけ? これ。

 でも、どちらかというと、

 はるなの~に~♪ おわか~れですぅか~♪

 のほうかなぁ。


0 TrackBacks
0 Comments

開花宣言。

 庭の白梅が、少し照れながら咲き始めました。
 五輪は軽く超えたので、開花宣言です^^

 梅だけどね。

 福寿草もつぼみを一杯つけて、待っています。
 スミレは・・・・・・、最近、見ないなぁ・・・・・・。



 スミレといえば、犬の散歩コースに咲いていた、白いスミレ。
 大変残念なことに、その、里山が、今、崩されていきます。

 海側のかさ上げのために、うちから見える北側の山と南側の山が、ここ数日のうちでハゲ具合が加速しています。
 津波の被害にあわれた方には、言葉のかけようもありません。
 その為に、内陸部の山が削られるのは良く分かりますし、必要なのでしょう。
 でもね。
 そこに棲んでいた動植物はどうなるでしょう。
 人の利害と自然の理。

 難しいバランスです。

 それでも、落ちた種からは芽が出て、花は咲くんです。
 せめて、スミレの花を見るまで、その山はあって欲しい。

 ワラビは、諦めたけどね。


0 TrackBacks
0 Comments

鈴生り。

まだ5月の末なので、カテゴリは「春」にしました。

うちには、さくらんぼの木があります。
去年は、わんさと生りましたが、すべて鳥の餌。

今年も、春先に白っぽいきれいな花が満開で、今年こそは期待できるかも!?

と、見守ること一ヶ月。
日に日に大きくなり、この頃はほんのり赤みを帯びてきて・・・・・oh!いい感じ!?

ここ数日の陽気と雨で、さらにふくふくと鈴生りです。


そこへ持ってきて、ぎゃーす!!
という、始祖鳥はこんな風に鳴いたのか!?とも思える、ケタタマシイ鳴き声と、がさがさ揺れるさくらんぼの枝。
見れば、・・・・・・あれは・・・・・・ヒヨドリ?

向こうも、人間様に気づいたらしく、くるりと振り返ったそのくちばしにっ!!!!


一番おいしそうに色づいた、一番大きいさくらんぼをくわえて、一瞬こちらを見据えたと思ったところで、すたこらさっさと飛んでいきました(号泣)
そんな訳で、鈴生りに生っていたさくらんぼは、半分以上ハゲにされてしまいました。

なんなんだ! あいつっ!
許すまじ! ヒヨドリめ!






ま。
ワタクシのお口はチープに出来てるので、さくらんぼは然程魅力を感じないのですが、
家人は、さくらんぼ好き。
彼女たちのためにも、残ったさくらんぼの枝に、袋をかけてみました。

ちゃんと熟れるといいなぁ。
[歳時記]

0 TrackBacks
4 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。